作品

「生命」

〜私のなかを生きる生命〜
16歳の時に制作した自身最初で最期の現代書
生きるとは何か
何のために生きるか
いかにして生きるかを想い書いた作品

「昇龍」

龍が天に昇るイメージを表現
中国の四神獣、青龍からインスピレーションを得て青の着物の布地を使用し軸装。世界観を統一した作品である

「芍薬」

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』
と謳われる芍薬の醸し出す風情を水墨画で表現

「叔羅川」

国体限定日本酒ラベル創作
ラベルの色展開を3種類にしマーケティングプランも考えた作品